読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高学歴精神疾患無職

二大精神病である双極性障害に罹患して詰んでしまった。現在、プロ患者として情報を発信している。

TMS

これはあまり調べずに書いた記事です。 なんか、最近、僕の周りでTMS、TMSとうるさい感じがする。 TMSは磁気によって脳内に電流を流す治療法で、入院不要、非侵襲である。ただし、保険適用で無いため高い。と、いっても、入院、麻酔etc.が必要なECTよりよい…

入院2回目のECT2クール目

2回目の入院では、その病院でもECTが行われるようになっていた。麻酔科医は外からきてもらう形で、1週間に1回だけだったと思う。 同時に脳波も測れる最新式の機械?。といっても、仕組みは馬鹿みたいに簡単なことが容易に想像出来る。 この病院の面倒くさい…

ECT 後

約20日間に7回のm-ECTをおこない、退院した。そのままその病院にかかるべきだったかもしれないが、場所が悪いということで元の病院に戻った。

電気ショック m-ECT ③

1回目のECTが終わったというところまで前回書いた。 さて、2回目。今度は女性の麻酔科医でした。やはり外から呼んでるんですよね。 やること、やられることは前回と同じで、2回目なのでまぁ、怖いが慣れた。 そして、3回目である。なんで3回目が重要か? 3回…

電気ショック、続き

前回の続き。 麻酔科医が必要になった、と言うことは話した。 精神科単科の病院に麻酔科医がいるだろうか? 極めて稀であろう。というか無いと言った方が良いかな。総合病院なら麻酔科はいるだろうが、でなければ麻酔科医師を呼んでこないといけない。これが…

いわゆる電気ショック m-ECT(modified electroconvulsive therapy) 修正型電気痙攣療法

普通の人でも、これは知っているのではないでしょうか? 頭に電極をあてて、電気を流しビリビリと身体が痙攣する、というあれですが。 俗称で電パチとか言うらしい。僕はなんの略かも知らずECTかmECTって呼ぶ。 まぁ、言うまでも無いがETCではない。あれは…