読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高学歴精神疾患無職

二大精神病である双極性障害に罹患して詰んでしまった。現在、プロ患者として情報を発信している。

あなたが初めて精神科にかかったとき

精神科に最初にかかったとき、症状にもよりますが、おそらく薬をもらいます。
次に行ったときもおそらく薬をもらいますが、違う薬、もしくは薬が追加されました。
3回目に行きました。また薬の変更・追加がありました。
4回以降も変わったり増えたり無くなったり。
どう思いますか?

精神科に最初にかかりました。「こういう病名ですね」といわれて通院を続けました。
しばらく経って、他の精神科医に診てもらうことにしました。「こういう病名ですね」と、以前と違う病名を告げられました。
どう思いますか?

これらのことは精神科ではおかしなことではありません。
そして、これは「薬を飲むことに意味が無い」とか「この医者はヤブだ」ということを示しているわけではありません。

確かに投薬がおかしい、(ある意味)センスがない、と言う場合はあります。
しかしながら、それは精神科に長くかからないとわかりづらいことです。

また、「最初の診察」の内容を「だけ」を前から精神科に通っている人に聞いても、ほぼ意味がありません。それを聞いて不安になる可能性の方が大きいかもしれません。

それだけ精神科の薬は、人によって合う合わないが大きい。
医者によって出す薬が異なる。

病名もあってないようなもの(正確にはこれは正しくないが)。

確かに明らかにおかしい、と私のような「プロ患者」w が思う処方もありますけどね・・・。
ほぼすべてが「最初だから普通だな」という処方です。安心して飲んでみてください。

向精神薬は明らかに悪いものでしか無い。飲むべきじゃない、飲むと余計に悪くなる」
と言う人は最初から受診していないとは思いますが、不安を煽る赤の他人の言うことを信じる必要はありません。
また、「副作用が出た」という場合は程度にもよりますが、医師に相談した方が良いと思います。薬剤師でも、「そういう副作用はあります」くらいのことは答えてくれるかもしれません。

基本的には2週間程度飲んで薬になじまないと、その薬が効いているのかどうかがわからないので、焦らず不安がらず続けてみた方が良いと思います。

作用より副作用の方が早く出ることが殆どです。我慢しろ とは言いませんが、鬱の方がつらいのであれば、少し待ってみる方が良いと思います。


精神科の薬が怖い、向精神薬はすべて身体に悪い、飲むべきじゃない
と、思っている人、言ってる人は、絶対に薬局の風邪薬は飲んではいけません。
身体に悪くてとても危険です。内科の薬も怖いです。飲まない方が良いです。