読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高学歴精神疾患無職

二大精神病である双極性障害に罹患して詰んでしまった。現在、プロ患者として情報を発信している。

薬の先発品、後発品の違い

一般 病気

最近だとジェネリックという言葉を聞いた事がない人は少ないと思います。

ジェネリックというのは後発品のことをさしています。

先発品とはなにか? それは、製薬会社が最初に作った薬のことです。薬の名前も最初に作った製薬会社がきめています。

先発品には特許がつくので、ある一定の期間は他の製薬会社がその薬をまねて同じ成分の薬を出す事は出来ません。

ただし、ある程度の年月を経ち特許切れになると、他の製薬会社が同じ成分の薬を製造販売することが出来るようになります。このとき、色々な製薬会社がゾロゾロ同じ成分の薬を販売するため、ゾロ、と呼ばれたり、後で出来るため後発品と呼ばれたり、格好良い呼び方としてジェネリックと呼ぶ事もあります。呼び名は違えど、指すものは同じです。

さて、先発薬、後発薬の違いはあるでしょうか}?
成分としては同じです。なので、後発薬と先発薬が違うという説明をするのは意味がない事です。ただ、そういう説明をされているサイトもあるようで、不思議です。

ただし、全く同じものですか? と問われると、違うとしか言えません。些細な違いはあるので、同じ量を飲んでも効きがあまりない、というようなことは生じます。
ただし、主作用、副作用が明らかに変わるという事は今ですとないと言っても過言じゃないでしょう。

あまりにも、全然違います、と書かれているページを見かけるので強めに言っていますが。完全に同じではないが、全く同じでもない、という難しいところなのは事実です。

後発品の特徴としては値段が安いということが大きいと思います。

世の中的には後発品があるならそれを押す傾向がありますが、先発品が良いと思う場合は、その旨を調剤薬局に伝えれば、先発品で処方されると思います。