読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高学歴精神疾患無職

二大精神病である双極性障害に罹患して詰んでしまった。現在、プロ患者として情報を発信している。

酸棗仁湯

漢方 病気

今日も漢方薬の話です。

酸棗仁湯 さんそうにんとう と読みます。

これは不眠に用いられる漢方薬です。

 

ところで、市販されている西洋薬では「睡眠薬」はないことをご存じでしょうか?
いや、あるでしょ? あれが。
と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、市販されている物は「ジフェンヒドラミン塩酸塩」という成分が入った、「抗ヒスタミン剤」です。これは本来アレルギー症状を抑える薬です。しかも、抗ヒスタミン剤の中ではとても古い部類です。アレルギーの薬で眠くなったことはありませんか? そうなんです。これは、薬の副作用を利用して眠くしている、といった感じです。
最近のアレルギーの薬は、眠気を抑えるように作っています。逆に言うと古いのは眠い、ということですね。

というわけで市販の「眠れる薬」の中身がわかったでしょうか。
ちなみに、同じ成分の薬を飲めば眠くなるというわけなので、成分が同じであればわざわざ高い値段の「ねむれる薬」を買う意味はないのです。

 

漢方の話に戻しますと、これも薬局で買える薬です。しかも、漢方なので殆ど副作用はない(少しはあります)です。西洋薬のように耐性がついて効きにくくなる、ということも少ないのではないでしょうか。
しかし、効き目は人によりますので、絶対効くわけではありません。
(全然話してないのですが、漢方には適応証(体質)というものがあります)

 

勿論病院に行くと、睡眠薬は処方されます(酸棗仁湯も処方できますよ)。
(この話をし出すと相当長くなるので他で)

 

以上、長々と書きましたが、不眠の人は試す価値はあるのではないでしょうか。

 

【第2類医薬品】酸棗仁湯 エキス細粒 12包

【第2類医薬品】酸棗仁湯 エキス細粒 12包

 

 

 

【第2類医薬品】漢方ナイトミン 72錠

【第2類医薬品】漢方ナイトミン 72錠

 

 


メンタルヘルスランキングへ