高学歴精神疾患無職

二大精神病である双極性障害に罹患して詰んでしまった。現在、プロ患者として情報を発信している。

auの明細に憤慨してUQにMNPした

auさん殿様商売しすぎ。と言うことで怒り狂ってとうとうUQにかえてしまった。
ここで私の明細を簡単に見てみよう。

 基本料 934円 (手帳で半額)

  • オプション(と言うかLTE代)
    • LTE使用必須金額 6,000円
    • テザリング・留守番etc. 1,500円
    • 合計 7,500円
  •  通話料 120円 (手帳で下がるが、さらに家族割で結局は0円
  • スマートバリューで 1,500円引き

 

 単純に下線部だけを足す 
  約7千円

固定電話があったりLineがあったりSkypeがあったりで通話量の占める割合はほぼゼロで、通信料が100%
そして、通信量 1GB前後 ※ほぼいつもLTEなのに

 

さて、UQ mobile の料金プラン。こっちは簡単。

 データ高速+音声通話プラン 1,680円 150Mbps 3GB/月
 通話料 20円/30秒

 たぶん気になるだろう「縛り」は1年

 通話量が気になるなら通話系(IP電話とか)アプリを使えばよい。

 スマートバリューがなくなっても手帳で安くなっていても、差額が6千円/月以上

 あほか!

ちなみに変更にかかった手数料は諸々合わせても8,500円程度。すぐ回収出来る。

auは、docomosoftbankとは3Gの方式が違うため、MVNOの選択肢があまりなく、mineo(ケイ・オプティコム系)くらいだったが、UQ mobile(KDDI系)が入って2択になっている。MVNOは速度の問題を良く耳にするが、UQは全MVNOの中でもかなり速度が速い。これもポイント。何しろKDDI子会社という安心感が(僕の中では)ある(WiMAXとは別会社)。

 

SIMが届いてないので、すべてがよかったと言えるかどうかはまだわからないが、今まで何にお金を払っていたのだろうか、と感じた。

携帯代に思うことがある方は参考にしてみてください。

あと、Lineの引き継ぎや、@ezweb.ne.jpが無くなること等には留意してください。